« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月28日 (金)

チケット情報その2

upwardleftウェブページに、『メリーさんの羊』2011年公演の詳細情報をアップheart04是非ご覧下さいheart02

shineupwardleftYou can get some information about the stage  in English. See ”ウェブページ

配役変更のお知らせはこちらで▶▶▶ http://merryhad-alittlelamb.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-bc06.html

**************************

おはようございます!

来週の今日は、東京公演の初日!

・・・なんて早いのぉ〜happy02と驚くばかりのariesNO.6デス。

でも驚いてばかりもいられませんsweat01

皆さまにチケット情報のお知らせがございます。

楽園での公演については、11月4日(金)&6日(日)

前売りチケットは完売なりました。

当日券については、当日キャンセルが出た場合のみ

となります。

つきましては、当日制作の高木090-3247-4937) まで

お問合せ下さい。

また直接劇場にお越し頂き、お待ち頂く事も可能ですが

チケットのご用意が必ず出来るとお約束は出来ない事を

ご了承下さい。

尚、横浜相鉄本多劇場についてはチケットのご用意が可能ですshine

少々淋しいcoldsweats01・・・感じもあるので是非ぜひ、

2日(水)or3日(木・祝)での観劇をご検討下さいshine

また、楽園でのご観劇をご希望の方は5日(土)に是非

お越し下さい。

昼公演は残りわずかですが、 

夜公演・・・実はかなり余裕がございますsweat01

なので、楽園・・・と思われている方は

夜公演にいらして下さいhappy01

お問合せ・ご予約お待ちしておりますheart04

2011年10月23日 (日)

チケット情報

upwardleftウェブページに、『メリーさんの羊』2011年公演の詳細情報をアップheart04是非ご覧下さいheart02

shineupwardleftYou can get some information about the stage  in English. See ”ウェブページ

配役変更のお知らせはこちらで▶▶▶ http://merryhad-alittlelamb.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-bc06.html

**************************

いよいよ来週の日曜日は本番直前!

ここでチケットについて皆さまにお知らせ致します。

11月4日(金)の楽園の公演は、チケットをお取りするのが

難しい状況となっております。

つきましては、他の公演日でご検討頂けると嬉しいです。

下北沢楽園での公演は、5日(土)夜のお時間

今のところ他の公演時間よりも余裕がございます。

また、横浜公演はチケットをより取りやすい状況です。

お住まいが近い方や、比較的行きやすいという方は、

是非相鉄本多劇場へお越し下さいshine

また、これまで何回かご覧頂いている方も、

楽園とは違った空間相鉄本多劇場

作品をお楽しみいただけたら、嬉しいですheart04

皆さまのお越しを劇場でお待ちしておりますaries

2011年10月21日 (金)

稽古場からこんばんは

upwardleftウェブページに、『メリーさんの羊』2011年公演の詳細情報をアップheart04是非ご覧下さいheart02

shineupwardleftYou can get some information about the stage  in English. See ”ウェブページ

配役変更のお知らせはこちらで▶▶▶ http://merryhad-alittlelamb.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-bc06.html

**************************

皆さま、こんばんは。

毎年、割と早くから稽古場の様子など写真やら出演者さんたち

の声をお届けして来たNO.6ariesでしたが、今年はアララ・・・

という感じで2週間を切ってしまいましたsweat01

何て時間が過ぎるのは早いのでしょうかhappy02 

って言い訳デス。ゴメンナサイsweat01

今年は先日ご報告させて頂きました通り、女1は

井出みな子氏に代わり岡本瑞恵氏が演じます。

Photo

こんばんは。岡本瑞恵です。ちょっぴり緊張でも楽しく稽古に参加しています。どうぞよろしくお願いします。

コチラは、三谷サン&山口サン&瑞恵さん初スリーショットshine

3

1年振りの再会です。今年は横浜相鉄本多劇場で初めての公演もありドキドキワクワク楽しみです!

どうぞ横浜にお近くの方は是非ぜひこちらにも足をお運び下さい。

これまでとは違った空間での「メリーさんの羊」をお楽しみ頂ける様、日々稽古してます!

Photo_2

この雑然としたテーブルに広がる世界、

汽車が走り出しています・・・。

劇場で皆さまのご来場を楽しみにしております。

2011年10月 3日 (月)

配役変更のお知らせ

upwardleftウェブページに、『メリーさんの羊』2011年公演の詳細情報をアップheart04是非ご覧下さいheart02

**************************

2011年公演では、当初予定していた井出みな子が
体調不良のため、岡本瑞恵が女1を演じる事となりました事をお知らせ致します。

Photo

岡本瑞恵 (演劇集団円所属)

 

略歴

1964年 御茶ノ水女子大学卒業、文学座研究所入所

1965年 劇団NLT 入団

1966年 劇団浪漫劇場に移籍

1978年 演劇集団円入団、現在に至る

 

主な舞台出演作品

三島由紀夫 「鹿鳴館」、「近代能楽集」

テネシー・ウイリアムズ作 「短編戯曲集」

ウジェーヌ・イヨネスコ作 「授業」 生徒、及び女中役で15年間ロングラン公演に出演

ガルシア・ロルカ作 「血の婚礼」、「イェルマ」

久保田万太郎作 「あきくさばなし」「雨空」「舵」

ロバート・ハーリング作 「マグノリアの花たち」

宋英徳作 「実験」「宙をつかむ」

山本周五郎作 「松廼家おけい―虚空遍歴」(邦楽ドラマリーディング)    他

 

 

※ 尚、現在HP等でアップしているチラシはそのままとなっておりますが、ご了承下さい。

2011年10月 2日 (日)

Mary had a little Lamb (No.2)

This page is a supplementary explanation of that.

************************ 

As I wrote before, Minoru Betsuyaku is the pioneer of the
absurd drama in Japan.

He has been making his enormous pieces ever since 1961.
“Mary had a little lamb” is one of his excellent works, that
was written in 1983 for the late Nobuo Nakamura, Noboru
Mitani and Minako Ide.

Thereafter, the play was first staged on January in
1984 at Jean-Jean Theater in Shibuya.  And the play had
presented again and again after that. (The director had been Ryoji Kishida)
And then, after Mr. Nakamura passed away, the member has
changed as now.(The director has been Satoru Yamashita)

Unfortunately, the theater that had many regular customers,
was closed in 2000. The first time on the stage by new
member was at Jean-Jean Theater in that year. It was one of
the last plays as the memory of the theater.
After that we put this play on the stage at some different
places.

upwardleftPerformance record (上演記録) and photograph(フォトギャラリー) can be found on the category that are the left part of the blog.

Come to see and enjoy the world of Minoru Betsuyaku!

Mary had a little lamb - by Minoru Betsuyaku(No.1)

Welcome to our blogshine

Have you ever heard of Minoru Betsuyaku?
Betsuyaku is a very well known playwright in contemporary Japanese theater, a pioneer of the absurd drama in Japan, strongly influenced by Samuel Beckett.

Betsuyaku's characters in his play usually has no names, and characters often speak each other with the words that does not make any sense.
You will be drawn into his world immediately.

I'm sure that  it has worth watching! Don't miss it!

More information of our performance in English is here ▶▶▶  http://merryhad-alittlelamb.cocolog-nifty.com/blog/information-2012.html

Story:

An old man(Man 1) is talking about Mary and Tom boy of his old memory with his locomotive train on a dinning table.
Nobody knows the scenery on the dining table is his dream or a reality.
After a while a visitor(Man 2) appears there.
They don't know each other but they are chatting peacefully.
However, Man2 is getting to be involved in Man1's memories. But is it true? Who is the visitor?
Why he visits there? Is everything really being there or not?

 

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »