« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月 6日 (水)

それでも春は来る

3月11日から私達・日本人の生活は一転した。

だれもが『想定外』という言葉とともに語られる地震
そして津波があった3月11日を境に。

これまでも日本は多くの自然災害に遭遇し、それを乗り越えてきた。
そしてまた自然からの恵みに感謝し笑い、泣き、歌い暮らして来た。

けれど、今回の地震と津波の力はあまりに巨大で、
東北と関東の広い地域で多くの生命を、文化を、歴史を、生活を
剥ぎ取るように奪い取り、更に原発という存在を恐怖の色に変え苦しめる。

あり得ない風景に変わってしまったその土地で
強く必死に踏ん張っている人々の姿。
そして彼らの支えとなっている子供達の笑顔。

東京にいながらその人々より弱い今の私の心は
その人々にパワー支えながら、日々過ごしている事に気づく。

私は私に出来る事を続ける事を・・・と思っている。

ありきたりだけれど、明けない夜はない。
そしてどんなに寒い冬もやがて春がきて花は咲くのだ。

私も被災者の方々の小くてもひとつの力であり続けたい。
と、そう思う六番目の羊デスaries

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »