« フォトギャラリー6 | トップページ | 風のセールスマン »

2009年4月27日 (月)

記憶する脳

公演情報

 各カテゴリーor最近の記事Check!!heart04

downwardleft                                                               downwardright

************************

人間の記憶する力という事がちょっと気になりネットで調べてみたら

記憶は大きく3つに分類されるとありました。

それらは感覚記憶、短期記憶、長期記憶と呼ばれていて

それぞれに特徴がある様です。そしてそこには

更に細かく分類された記憶の種類があり

よくこんな風に分けて考える事ができるものだなぁ〜と

その道のエキスパート達には感心するばかりの私は

それら詳細を読み進むのは断念。ただ気になったのは

長期記憶について。

Wikipediaによると

《長期記憶の忘却の原因については、減衰説と干渉説、さらに検索失敗説が存在する。
減衰説とは、時間の経過とともに記憶が失われていくという説である。
干渉説とは、ある記憶が他の記憶と干渉を起こすことによって記憶が失われていくという説である。
検索失敗説とは、想起の失敗は記憶された情報自体が消失しているのではなく、適切な検索手がかりが見つからないため、記憶内の情報にアクセスできないこと によるという説である。》

とあります。

一生忘れたくても忘れられない記憶がある一方

思い出したくても思い出せない記憶ってありますよね。

一生懸命に何だっけあれはいつだっけ・・・など

思い出せないと、時にはイライラする事さえあります。

そしてそれらは思わぬ時にパッと鮮明に出てくる事も。

そんな事から私は、なんとなく検索失敗説というのが特別な病気にかかっている場合を除くと、ほとんど場合はコレにあたるのではと感じます。

様々な顔を持つ記憶達は平等に脳のどこかで眠っていると思うのです。

それにしても脳ってすごいなぁ。。。。

《忘却しない限り、死ぬまで保持される。 長期記憶を蓄える貯蔵庫を長期記憶貯蔵(LTS)と呼ぶ。》ーWikipediaー

« フォトギャラリー6 | トップページ | 風のセールスマン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事